肝臓にやさしい食事レシピ

NASHの予防・治療

NASHの予防・治療

10月の献立テーマ

NASHの予防・治療

メニュー

  • 鶏ごぼうごはん
  • 鮭のクリーム煮
  • 海藻の中華風サラダ
  • けんちん汁
  • ぶどう寒天

食事のポイント

NASH(非アルコール性脂肪肝)は、お酒をあまり飲んでいない人が、過食、運動不足、肥満、糖尿病、脂質異常症などを背景として発症する脂肪肝です。ほとんど自覚症状がなく、近年では成人で10~40%と急増しています。治療は、食事療法と運動療法による『減量』が中心となります。食事療法では、エネルギー制限を行うことにより、食事のかさが減らないよう、エネルギーの低い食品(野菜類・きのこ類・海藻類など)を積極的に取り入れて、ボリューム感・満足感の得られる食事を心がけましょう。の役割は、体内の不要なものを「無害にする」「排出する」、必要なものを「作る」「貯める」という働きがあります。

慢性肝炎とは、肝臓が常に炎症を起こしている状態であり、必要な栄養素を適切に摂取する必要があります。
食事内容は、特に低脂肪食・高たんぱく食にする必要はなく、バランスのとれた食事を規則正しく摂取することが大切です。

料理レシピ

鶏ごぼうごはん

材料(2人分)
  • 精白米 80g
  • 大麦 20g
  • みつば 4g
  • 鶏ささみ 60g(約1本分)
  • ごぼう 60g
  • しょうが 6g
  • かつお・昆布だし 40g
  • ┌ 濃口しょうゆ 6g(小さじ1)
  • └ 砂糖 2g(小さじ2/3)
作り方
  • ①精白米と押し麦を30分程度浸水し、炊飯する。
  • ②みつばはゆがき、3㎝幅に切る。
  • ③ささみは筋を取り一口大に切る。ごぼうはささがき、しょうがは千切りにする。
  • ④だし汁に③を加え、火が通ったら、調味料を入れて、汁気がなくなるまで煮る。
  • ⑤炊き上がったごはんに④を加え、混ぜ合わせる。
  • ⑥茶碗によそい、上にみつばを散らす。

鮭のクリーム煮

材料(2人分)
  • 白鮭(切り身)  120g(2切れ)
  • 食塩 0.6g(少々)
  • こしょう 0.02g(少々)
  • 小麦粉 4g(小さじ1弱)
  • バター 4g(小さじ1)
  • 白ワイン 6g(小さじ1強)
  • 玉ねぎ 60g
  • しめじ 40g
  • エリンギ 40g
  • マッシュルーム 20g
  • ブロッコリー 60g
  • 低脂肪乳 60g(計量カップ1/4弱)
  • 固形ブイヨン 1.0g(1/5ヶ)
  • 食塩 0.6g(少々)
作り方
  • ①白鮭は塩、こしょうで下味をし、小麦粉をまぶす。
  • ②熱したフライパンにバターをひき、①の表面をこんがりと焼く。
  • ③白ワインを加えて、香りづけしたら、白鮭を一旦取り出す。
  • ④玉ねぎは1㎝幅の薄切り、しめじは石づきをとり除き、子房に分ける。
  • ⑤エリンギは3㎝長の薄切り、マッシュルームは5㎜幅の薄切りにする。
  • ⑥ブロッコリーは子房にわけ、ゆでる。
  • ⑦白鮭を焼いたフライパンに④⑤を入れて炒める。
  • ⑧低脂肪乳を加えて火を入れ、固形ブイヨンと食塩で調味する。
  • ⑨取り出した白鮭を再び入れ、火が通ったら、⑥と一緒に皿に盛る。

海藻の中華風サラダ

材料(2人分)
  • きゅうり 40g
  • 刻み昆布 60g
  • ロースハム 20g
  • いりごま 4g(小さじ1強)
  • 酢 2g(小さじ1/2弱)
  • 濃口しょうゆ 6g(小さじ1)
  • 砂糖 3g(小さじ1)
作り方
  • ①きゅうりは千切りにし、分量外の塩でもみ、水で洗う。ロースハムは細切りにする。
  • ②いりごまと調味料を混ぜ合わせる。
  • ③切り昆布と①②を混ぜ合わせ、味をなじませる。

けんちん汁

材料(2人分)
  • 木綿豆腐 40g
  • 大根 40g
  • にんじん 20g
  • 生しいたけ 20g
  • こんにゃく 20g
  • ごま油 2g(小さじ1/2)
  • かつお・昆布だし 200g(計量カップ1)
  • ┌ 濃口しょうゆ 4g(小さじ2/3)
  • └ 食塩 0.6g(少々)
  • 青ねぎ 4g
作り方
  • ①豆腐はさいの目に切り、さっと湯がく。
  • ②大根とにんじんは半月切り、生しいたけの軸は切って、4等分に切る。
  • ③こんにゃくは一口大に切り、湯がく。
  • ④青ねぎは小口切りにする。
  • ⑤②③をごま油で炒め、だし汁を加え、火が通ったら、豆腐を入れる。
  • ⑥濃口しょうゆ、食塩で調味し、お椀に盛り付け、青ねぎを散らす。

ぶどう寒天

材料(2人分)
  • ぶどう 60g
  • ┌ 粉寒天 2g(小さじ1)
  • ├ 水 100g(計量カップ1/2)
  • └ 砂糖 4g(小さじ1強)
  • レモン汁 4g(小さじ1弱)
作り方
  • ①寒天と砂糖を鍋に入れ、寒天を十分に煮溶かす。
  • ②①を火から下ろし、粗熱をとり、レモン汁を加える。
  • ③寒天の流し型に半分に切ったぶどうを敷き詰め、②をゆっくりと流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。
  • ④固まったら食べやすい大きさに切り、ぶどうを一緒に盛り付ける。